METAVERSE EXPO JAPAN 2022

アバターの相互運用性から見えてくる理想と現実

メタバースの相互運用性を考える上で欠かせないアバターの相互運用について、具体的な課題と解決方法を取り上げ、そこから見えてくる相互運用に必要な技術要素やそもそもどう向き合うべきなのか、現時点で考えられる理想的な展望と現実的な落とし所をお話しします。

  • 登壇者

    ピクシブ株式会社
    執行役員 VPoP 新規事業部事業部長

    清水 智雄(しみず のりお)

    2010年、ピクシブ株式会社に入社。同社の先進的なプロジェクトを複数立ち上げ、現在は3Dキャラクター制作ソフトウェア『VRoid Studio』をはじめ、『VRoid Hub』、『VRoid SDK』を包括する『VRoidプロジェクト』のプロダクトオーナーとしての顔を持ち、開発を推進し続けている。